• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

一級建築士試験受験資格に関する重要なお知らせ(2004年度から2008年度までに入学された皆様へ)

平成16年度(2004年度)から平成20年度(2008年度)までに中部大学工学部都市建設工学科へ入学された皆様へのご連絡

平成16年度から平成20年度に都市建設工学科に入学された皆様にご連絡します。

すでに卒業された皆様には、卒業研究指導の先生方から電話にて個々にお知らせしていると思いますが、一級建築士試験受験資格の条件に関するご連絡です。

学生便覧を通して卒業後の2年間の実務経験で一級建築士の受験資格が取得できると通知してきましたが、実務経験2年のみでは、一級建築士の受験資格が与えられないことが、最近、判明しました。これは平成16年4月に土木工学科から都市建設工学科に改組したことにともなうカリキュラムの変更が、受験資格の認定にかかわる運用基準と齟齬を来たしたことによるものです。この不手際で建築士を目指されている卒業生および在学生の皆様には、受験戦略の変更をお願いすることになり、心よりお詫び申し上げます。

しかし、二級建築士の受験資格は1年以上の実務経験で取得でき、二級建築士を取得後4年以上の実務経験で一級建築士の受験資格を取得することができます。

以上、取りあえず建築士受験資格の条件に関してご連絡させていただきます。

平成22年10月18 日

中部大学工学部
学部長 岩田 好一朗

都市建設工学科
主任 平澤 征夫

お問い合わせ先

工学部事務室 事務長 加藤 透
電話番号: 0568-51-1111(代表) 内線4015
E-mail :kougakujimu@office.chubu.ac.jp

ページの先頭へ