中部大学天文台

  • ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

中部大学天文台講演会「神岡でのニュートリノの研究」

【2018年5月2日開催】

ノーベル物理学賞を受賞された梶田隆章氏による講演会

5月2日午後4時から不言実行館1階アクティブホールで、梶田隆章氏による中部大学天文台講演会「神岡でのニュートリノの研究」を開催しました。

中部大学天文台は昨年5月に開所して1年を迎えます。これを記念して、2015年にノーベル物理学賞を受賞された梶田隆章氏(東京大学宇宙線研究所所長)を迎え、講演会を開催しました。梶田隆章氏は素粒子ニュートリノが質量を持つことを発見、素粒子物理学の定説を覆したことで知られています。

アクティブホールを埋め尽くした多くの学生や一般の方々で、熱気に溢れた講演会となりました。

講演会の様子は中部大学公式Facebookにも掲載しています。

講演する梶田隆章氏

講演する梶田隆章氏

多くの方で埋め尽くされた会場

多くの方で埋め尽くされた会場

学生も運営や司会で参加

学生も運営や司会で参加

ページの先頭へ