実験動物教育研究センター

  • ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

3Rの原則の徹底にご協力ください。

 

1959年にRussellとBurch氏によって提唱された世界的な動物実験の基準理念である「3Rの原則」の徹底にご協力ください。

 

  • 3Rの原則

Replacement(代替):「できる限り動物を供する方法に代わり得るものを利用すること」

           …意識・感覚のない低位の動物種、in vitro(試験管内実験)への代替、重複実験の排除

Reduction(削減):「できる限りその利用に供される動物の数を少なくすること」

           …使用動物数の削減、科学的に必要な最少の動物数使用

Refinement(改善):「できる限り動物に苦痛を与えないこと」

           …苦痛軽減、安楽死措置、飼育環境改善など

 

我が国では動物の保護等に関する法律として、「動物の保護及び管理に関する法律」が1973年に制定されましたが、1999年に「動物の愛護及び管理に関する法律」として改正され、実験動物に関連した条文が加わりました。 

その後、2006年にはさらなる法律改正が行われたことにより、以下の条文の通り、実験動物の愛護に関する基本理念である3Rの原則の内容が盛り込まれるようになりました。

 

  • 動物の愛護及び管理に関する法律(昭和四十八年十月一日法律第百五号)最終改正:平成二四年九月五日法律第七九号

第四十一条  

1)動物を教育、試験研究又は生物学的製剤の製造の用その他の科学上の利用に供する場合には、科学上の利用の目的を達することができる範囲において、できる限り動物を供する方法に代わり得るものを利用することできる限りその利用に供される動物の数を少なくすること等により動物を適切に利用することに配慮するものとする。

2)動物を科学上の利用に供する場合には、その利用に必要な限度において、できる限りその動物に苦痛を与えない方法によつてしなければならない。

3)動物が科学上の利用に供された後において回復の見込みのない状態に陥つている場合には、その科学上の利用に供した者は、直ちに、できる限り苦痛を与えない方法によつてその動物を処分しなければならない。

4)環境大臣は、関係行政機関の長と協議して、第二項の方法及び前項の措置に関しよるべき基準を定めることができる。 

 

また2006年には「実験動物の飼養及び保管並びに苦痛の軽減に関する基準」及び「研究機関等における動物実験等の実施に関する基本指針」がそれぞれ環境省および文部科学省所管のもと制定されました。

本学ではこれらの法律に基づき2007年に「中部大学動物実験指針」、「中部大学動物実験委員会規程」を廃止し、「中部大学動物実験取扱規定」を制定し、以下の条文の通り、学内の動物実験における3Rの徹底を義務としております。

 

  • 中部大学動物実験取扱規定

第1章総則

第3条 動物実験等の実施に当たっては、法及び飼養保管基準に即し、動物実験等の原則である代替法の利用(科学上の利用の目的を達することができる範囲において、できる限り動物を供する方法に代わり得るものを利用することをいう。)、使用数の削減(科学上の利用の目的を達することができる範囲において、できる限りその利用に供される動物の数を少なくすること等により実験動物を適切に利用することに配慮することをいう。)及び苦痛の軽減(科学上の利用に必要な限度において、できる限り動物に苦痛を与えない方法によってしなければならないことをいう。)の3R(Replacement、Reduction、Refinement)に基づき、適正に実施しなければならない。

 

ご理解とご協力のほど宜しくお願い致します。

ページの先頭へ