• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

中部大学・春日井商工会議所 企業・学生間交流協働授業を実施(カツミ工業様を迎えて「経営実践」の授業)

【2022年5月2日】

2022年度中部大学・春日井商工会議所 企業・学生間交流協働授業がスタートし、地域企業の課題に取り組みます

中部大学経営情報学部と春日井商工会議所は連携をし、企業・学生間交流協働授業を2021年度に引き続き行います。2022年度春学期は経営総合学科2年生対象の科目「経営実践」(担当:清水真教授)を新たに開講して、学生は地域企業のさまざまな課題に取り組みます。

4月20日には、春日井商工会議所様のご協力のもと、春日井市の有限会社カツミ工業様を迎え、「脱炭素社会に向けた熱分解装置の普及について~花咲か爺さんプロジェクト~」と題して講演いただき、今後、学生は地域企業の実際の課題解決に向けて取り組んでいきます。

企業様に迎えて授業を行い、地域企業の課題について学びました

カツミ工業様による講演

グループに分かれて課題に取り組む

ページの先頭へ