• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

【FSP(Future Skills Project)講座】 株式会社システムサーバー様を迎えて企業のリアルな課題に取り組む

【2021年6月22日】

1社目の経験を踏まえて、課題解決の力を身に付ける

6月17日、経営総合学科1年生対象の「社会連携A」(担当:山口直樹教授、趙偉教授)で、株式会社システムサーバー様を迎えて授業が行われました。FSP(Future Skills Project)講座として行われ、1社目に続いて、2社目の企業のリアルな課題について、取り組みました。

今回は、常務取締役の鈴木生雄様により、業界の現状や大手企業から受注した情報サービスに関する事業などの話をいただき、今回取り組む新事業提案に関する課題が提示されました。学生は、チーム活動を開始し、企業担当者に質問したり、グループディスカッションなどを行いました。今後もチームで活動しながら、今回の課題について取り組んでいきます。

会社の事業や今回の課題などについて説明

山口直樹教授による今回の授業の趣旨説明

説明を聞く学生

株式会社システムサーバーの常務取締役 鈴木生雄様

説明後に学生が質問

チーム活動の様子

チーム活動の様子

FSP(Future Skills Project)講座とは

アクティブ・ラーニングの手法の一つ。有志の大学と企業で構成する「Future Skills Project研究会」(FSP研究会)が実践しており、企業2社から出された課題に学生がチームで取り組む。今回は2社目の課題として取り組み、1社目の経験を踏まえて課題解決の力をさらに身に付ける。
中部大学では2019年度からFSP講座を試行していたが、2021年度からの新カリキュラム別サイトにリンクしますで本格始動した。こうしたアクティブ・ラーニングの取り組みにも対応するため、221Cゼミ室を新施設・設備として新たに整備している。

ページの先頭へ