• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

理念

経営情報学部の理念

経営学、会計学、情報科学・・・
経営の多彩なテーマを科学的に学び、複合化するビジネス環境に対応する。

経営や会計の知識と、コンピュータを戦略的に使いこなす技術 ─ その双方に通じた人材への期待感が、ますます高まっています。

しかし、従来、「経営学」と「情報・コンピュータ科学」は、社会科学系学部(経営学部や商学部など)と、自然科学系学部(理・工学部など)で、それぞれ教育・研究が進められてきました。

私たち経営情報学部は、時代の要請に応えるために、その「経営学」と「情報・コンピュータ科学」を教育面で統合。現代のビジネス社会が本当に必要としている人材を、育成してきました。

経営や会計に精通した情報技術者、企業の財務や経理を担える人材、あるいは起業家マインドを持った人材…。ビジネス社会で武器になる2つのキーワードを同時に学ぶということは、自分自身の価値を高めていくということなのです。

経営の専門知識とその実践力を養成して、複合化するビジネス環境に対応

中部大学は、「不言実行、あてになる人間」の育成を建学の精神として、「豊かな教養、自立心と公益心、国際的な視野、専門的能力と実行力を備えた、信頼される人間を育成するとともに、優れた研究成果をあげ、保有する知的・物的資源を広く提供することにより、社会の発展に貢献する」ことを基本理念に掲げています。経営情報学部は、この基本理念を根幹に、複合化するビジネス環境に対応した「経営学」「会計学」「情報科学」などの多彩な専門分野の知識の修得と、専門知識を実社会で活用できる行動力や汎用的能力を養成。現代のビジネス社会において、経営や会計の知識をもちながら、情報技術を戦略的に使いこなす能力を兼ね備えた人材の輩出をめざしています。

ページの先頭へ