• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

多彩な履修モデル

多彩な履修モデルをもとに“自分自身の学び” をつくる

1年次は、「経営」「情報」「会計」「経済」「法律」の5分野における基本的な知識を修得します。
2年次以降、担当教員のアドバイスを受けながら、17以上の多彩な履修モデルをもとに、自分の興味や将来の進路にとって最適なオリジナル履修モデルを作り上げていきます。
これを柱にして、将来の進路に直結する専門知識・スキルを習得し、関連資格の取得などをめざします。

4年間の学び

学びの体系と履修モデル

指導教授とともにつくりあげるオリジナル履修モデル

1年次には、スタートアップセミナーなどの「初年次教育科目」や、経営・情報・会計・経済・法律の5分野の基礎を学ぶ「学部コア科目」、「学部基本科目」が設置されています。高校と大学の学びを接続するとともに、ビジネスで必要とされる基礎的素養を身につけながら、各自の関心や考え方の幅を広げていきます。2年次には、「学部基本科目」に加え、「学部専門科目」がスタート。各自の興味・関心や将来の進路に基づいて、学びを深めていきます。3年次には、「専門ゼミナール」がスタート。指導教授のアドバイスや、17の履修モデルをもとに、自分の興味・関心や将来の進路に最適なオリジナル履修モデルをつくりあげていきます。これを柱にして、将来の進路に役立つ専門知識・スキルを修得するとともに、関連資格の取得などを進めていきます。4年次には、指導教授の指導を受けながら、卒業論文・卒業研究を1年かけてまとめあげ、4年間の学びの集大成を行います。

講義風景

ビジネス・スキル

実社会で役立つ実践的なスキル

英語力、文章力、計数能力などのスキルを修得

英語の運用力、数字の分析力、文書作成力、プレゼンテーション力など、ビジネス社会で求められる様々な能力を高める講義が充実しています。全学共通教育科目として設置されている「英語スキルⅠ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ」、「日本語スキルA・B」、「情報スキル入門・活用」での基礎的スキルの修得に加え、経営総合学科の科目として「ビジネスデータ分析入門」、「レポート・論文作成法」、「ビジネス英語入門A・B」、「英書講読A・B」が設置されており、ビジネスの場面で求められる力に直結する、より実践的なスキルを身につけることができます。

講義風景

17の履修モデル

経営総合学科モデル

例:3つの履修モデル

それぞれの学びと、めざす進路

履修モデル例

クリックして拡大

経営戦略モデル

不確実な環境において、企業の進むべき方向性を定める経営戦略の策定に携わることができるビジネスパーソンをめざします。

情報マネジメントモデル

経営に関する幅広い知識に加え、ITパスポートなどの資格を取得。情報システムや情報技術に関するスキルを持ったビジネスパーソンをめざします。

国際会計モデル

会計や簿記の一般的な知識に加え、国際化する企業活動をサポートする会計スキルを持ったビジネスパーソンをめざします。

ページの先頭へ