• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

経営情報学科の特長

経営・経済・法律、会計、情報の3分野を修得したエキスパートの育成を目指す。

情報技術と経営学・会計学を融合した経営情報プロフェッショナル人材の育成

現代のビジネスでは、さまざまな仕事の局面でコンピュータやインターネットなどの情報技術・インフラが利用されます。これからの時代、どのような業種のどんな規模の組織で仕事をするにしても、企業経営の仕組みとそこで行われるさまざまな関連業務のつながりを理解し、そこで情報技術(IT)を活用できる人材が求められます。

経営情報学科では、こうした時代の要請に応えるため、「情報技術と経営学および会計学を融合して、経営の分かる情報技術の専門家」「情報技術に強い会計分野の専門家」「情報技術を活用して企業活動の中核を担う人材」という3タイプの専門家として将来活躍しようとする人材を育成しています。多彩なテーマの中から「本当に目指したい進路」を決める学生自身の努力をサポートするため、入学当初から卒業後のキャリアプランや資格取得など、目的意識を明確に自覚し勉学に取り組むよう、きめ細かな教育指導を行っています。

ページの先頭へ