• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

特色のあるカリキュラム

会計に重点を置きながら幅広いフィールドで活躍できる人材を育成

会計は社会のさまざまな場面で場面で使われます。たとえば企業では、一定期間の経営成績や一定時点の財務状態を正確に把握するために会計が使われます。また税金を計算する基礎となる数値も会計のプロセスから算出されます。また国や自治体なども企業と同じように会計の考え方を採用し、効率的な組織管理を行うようになってきています。一方で会計のルールは国際的な動向により刻々と変化しています。
経営会計学科では、会計のいまを積極的に授業に取り入れ、社会、経済の動向を見据えながら総合力の育成を目指します。

知的好奇心を満たす会計専門科目

会計専門職や会計に強いビジネスパーソンを育成するため、多彩な会計専門科目を用意しています。自らの進路や興味に応じた専門能力を身につけることが可能です。
専門能力のみならず、専門科目の学びを通じて社会のあらゆる分野で活躍できる会計的なものの見方・考え方、つまりアカウンティング・マインドをもった人材を育成します。

少人数教育

1年次ではスタートアップセミナー、基礎ゼミナールと年間を通して大学生活に慣れ、大学で学ぶための基礎を身につけます。2年次の入門ゼミナールでは、とくに会計系では日商簿記検定の資格取得を目指します。そして3年次からはいよいよ専門ゼミナールが始まります。4年次において卒業研究を行うために必要な知識や能力の習得に励みます。
各学年でゼミナール科目を整え、きめ細かな少人数教育を実施します。

 

実践的な教育プログラム

経営会計学科で学ぶ内容は、企業の実務と直結しています。講義においてもケーススタディや企業が公表する財務データの分析、会計処理ソフトによる演習など実務を意識した内容を積極的に取り入れています。即戦力として社会で活躍できる能力を身につける実践的な教育プログラムを推進します。

資格取得サポート

経営会計学科で学ぶ内容に関する資格は多数あります。授業や課外活動プログラム等を通じて、資格取得をバックアップする体制を構築しています。

ページの先頭へ