• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

学部概要

経営・情報を軸に、経済・法律・会計を学び、
これからのビジネス社会で活躍できる多彩な人材を育成。

情報化社会のビジネスで求められる人材

パソコンやインターネットの普及に象徴される情報革新の時代。ビジネスの場では、情報技術をセンス良くビジネスに応用したり、情報システムを開発したりする人材と、そうした情報技術の成果を効果的に活用してビジネスをリードする人材の2つのタイプが今後ますます求められます。

経営情報学部では、「経営情報スペシャリスト人材」に重点を置く経営情報学科、「ビジネスリーダー人材」に重点を置く経営学科、「会計に強いビジネスパーソン」を育成する経営会計学科の3 学科を統合した「経営総合学科」を2016年にスタートさせました。各学科の壁をなくすことで学びの幅が広がり、多彩な履習スタイルが可能となりました。自分の興味・関心を確認しながら4年間の学び方や卒業後の進路を固めていきます。

また、大学院経営情報学研究科では、名古屋キャンパスで実践的な授業を展開しており、卒業後の生涯学習を支援しています。優れた成績をあげ、大学院への進学を希望する学生には、学部在学中から大学院の授業を履修し、短期間で大学院の学位取得に挑戦する道も開かれています。

基礎情報(2022年5月1日現在)

開設年 1984(昭和59)年
取得可能な学位 学士(経営情報学)
在学生数 1年 334人(54人)
2年 304人(41人)
3年 322人(38人)
4年 309人(31人)
合計 1,269人(164人)
  • カッコ内は女子内数
専任教員数 教授 16人
准教授 6人
講師 3人
助教 3人
合計 28人

経営情報学部の情報

3つのポリシー〔ディプロマ・ポリシー(DP)、カリキュラム・ポリシー(CP)、アドミッション・ポリシー(AP)〕  など

学科

ページの先頭へ