• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

新着情報一覧

【2021年9月16日】学部新着研究情報
光るサメの光る仕組みを解明―不思議に満ちた発光サメ、その謎をとく発光物質を特定―(大場裕一教授ら) 別サイトにリンクします
【2021年8月27日】学部新着研究情報
土田さやか講師(応用生物学部)らの研究成果がScience Japan(JST海外向けサイト)に掲載されました 別サイトにリンクします
【2021年8月26日】学部新着研究情報
大場裕一教授(環境生物科学科)らの研究成果がScience Japan(JST海外向けサイト)に掲載されました 別サイトにリンクします
【2021年7月1日】学部新着研究情報
体脂肪減らす仕組み解明(津田孝範教授ら)中日新聞近郊版掲載2021.7.1
【2021年6月17日】学部新着研究情報
動物寄生性線虫4億年の進化の軌跡をヤスデから解明―進化的に起源の異なる2種類の寄生性線虫がヤスデ腸内に共生していた―(長谷川浩一准教授ら) 新しくウィンドウが立ち上がります
【2021年6月10日】学部新着研究情報
『Science』に掲載:植物の接木が成立するメカニズムを解明 ―タバコ属植物はいろいろな種の植物と接木できる― (鈴木孝征准教授ら) 新しくウィンドウが立ち上がります
【2021年6月10日】学部新着研究情報
『Nature』オンライン版に掲載:植物においてキノン化合物を認識する受容体を発見 ―“魔女の雑草”の防除と寄生メカニズム解明に期待― (鈴木孝征准教授ら) 新しくウィンドウが立ち上がります
【2021年6月7日】学部新着研究情報
科学技術振興機構情報誌JSTnews6月号掲載「1億年前のホタルの光を再現 遺伝子の進化を計算科学で検証」(大場裕一教授)(PDF形式) 新しくウィンドウが立ち上がります
【2021年5月17日】学部新着研究情報
植物由来の既存添加物『クチナシ青色素』の分子構造が解明されました(堤内要教授、石田康行教授ら)
【2021年5月7日】学部新着研究情報
テングザルのお腹から新種の乳酸菌を発見! 「ラクトバチルス ナサリディス」と命名(土田さやか講師ら)
【2021年5月6日】学部新着研究情報
絶滅危惧種ヨウム保全のためにアフリカ支援開始 JICA草の根技術協力事業で(牛田一成教授、土田さやか講師、古澤礼太准教授ら)
【2021年4月19日】学部新着研究情報
謎の光るミミズは、日本の浜辺にどうやって来たの? ― タイの「光らない」ミミズが解き明かした、その進化の歴史 ―(大場裕一教授ら)

全12件の内 1件~12件を表示

ページの先頭へ