• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

2021年度秋のオープンキャンパスは盛況のうちに終了しました

【2021年10月2日開催】

10月2日、金木犀の甘い香りが漂う秋晴れの中、緊急事態宣言が解除された最初の週末に、「秋のオープンキャンパス」が開催されました。新型コロナ感染拡大予防のため、予約制での開催となり、応用生物学部には付き添いの父母を含め約170名の参加がありました。最初に、牛田一成学部長(環境生物科学科教授)から、「これからは皆さんが担っていく時代。30年後の世界を想像してみてください。やっておくべきことは? 学ぶべきことは?」と、参加者に壮大な課題が投げかけられました(写真)。その後各学科・専攻に分かれて、授業の内容や学科・専攻の特徴、研究内容などの紹介が行われました。在学生スタッフも施設や分析機器について説明したり、学生生活の様子を伝えたりしていました。「(応用生物学部は)幅広い様々なテーマに取り組んでいるのですね」と参加者から驚きの声もありました。次回のオープンキャンパスは来年春に予定されています。詳しくはHP「受験生の皆様」別サイトにリンクしますをご覧ください。

ページの先頭へ