• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

大学院進学説明会を開催しました

【2021年5月10日】

応用生物学研究科では、例年春に在学生対象に大学院進学説明会を開催しています。昨年度の説明会はオンデマンド動画配信によるオンライン開催となりましたが、2021年度は何とか学部生の皆さんに生の声を伝えたいと思い、4月28日(水曜日)に対面とZoomによる遠隔を併用したハイブリッド方式で開催しました。対面についてはサテライト会場も準備するなど、感染防止に十分に注意しました。牛田研究科長の挨拶の後、堤内専攻主任から大学院に進学するメリットや大学院での教育研究内容のほか、様々な本学独自の手厚い学生支援制度について説明がありました。本学は東海地方の私学で毎年1,2位の研究レベルを維持し続けており、本学大学院に進学すれば恵まれた環境で研究指導を受けることができるといったことが紹介されました。続いて、大学院在学生5名から学部生に向けた体験談が披露され、学部生の頃に進路について考えた経験や、現在の研究生活についてスライドを用いた紹介がありました。また、本学の学部から大学院に進学する学生を対象とした「大学院進学者英語短期研修」について国際センターから案内があり、3週間のフィリピン・セブ島での語学研修に必要な費用の大半が給付型の奨学金として支給される素晴らしい制度であることが紹介されました。過去に本制度を利用して英語研修に参加した大学院生は、全て英語での授業は大変だったが次第に耳が慣れて授業について行けるようになったと体験談を披露してくれました。

ページの先頭へ