• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

専攻紹介

管理栄養科学専攻主任からのメッセージ

食品栄養科学科管理栄養科学専攻
専攻主任 前野 善孝

21世紀型の「管理栄養士」の育成を目指しています

個人の健康増進は各人にとって有益であると同時に、社会の利益にもなります。これを達成するために、個々人の生活習慣の改善をサポートするための食指導や栄養管理のできる人材が求められています。

また、近年遺伝子解析に基づくテーラーメイドの食・栄養管理体系化が進められています。そのため、日進月歩のバイオサイエンスやバイオテクノロジーの成果を常に取り込んだ栄養管理・食事指導法を習得することが、今後の管理栄養士にとっての必須要件だと私は考えています。

本専攻では、このようにバイオサイエンスに精通し、食指導や栄養管理等の分野で大いに活躍する食と健康の専門家を養成することを目的としています。そのために、管理栄養士養成課程で学ぶ通常の科目に加えて、分子生物学、有機化学、微生物学などの現代生物科学の最先端の内容を盛り込んでいます。

管理栄養科学専攻イメージ

ページの先頭へ