• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

大塚健三

「環境問題」に対する正しい知識を身につけよう!

環境生物科学科
大塚 健三

一 般的に「環境問題」といえば、(1)温室効果ガス(二酸化炭素やメタン)による地球温暖化、(2)環境中に放出されたさまざまな人工的な化学物質による生 態系への影響(ヒトを含むすべての生物への生体影響)、(3)工場や車からの排出ガスに伴う酸性雨や光化学スモッグ、(4)ゴミ処理問題(一般家庭ゴミお よび産業廃棄物)などがあります。世界の人口増加にもその一因がありますが、これらすべて、人類が豊かな生活をするために作り出してきた科学技術文明の産 物です。この「美しい地球」を未来の世代、つまり自分たちの子孫に送り届けるためにも、政治、経済、教育、科学などすべての分野の英知を結集して人類全体 で取り組むべき課題であります。

一人一人の人間ができることは限られており、無力感にとらわれることもありますが、しかし手をこまねいてい ると「手遅れ」になることになります。そのためにもまず大事なことは、「環境問題」に対する正しい知識を身につけることです。そして自分ができることか ら、できるだけ環境に負荷をかけないような生き方をしていくことだと思います。

応用生物学部環境生物科学科では、基礎的な学力とともに、「環境問題」に対する正しい知識を学習するためのカリキュラムを用意しています。

た とえば、生理学的観点からみると、生物(特に動物)は生きていくために、食物を摂取し、酸素を吸収して二酸化炭素を排出しています。つまりエネルギーを消 費し、環境に負荷をかけていることになります。これは生きていくために避けられないことです。また、エネルギー消費という観点からみると、先進国に住む人 類の一人当たりについてみると、ヒトと同じくらいの大きさで、自然界に住む恒温動物と比べてみると、ヒトは約50倍以上もエネルギーを消費しているといわ れています。このことが環境に大きな負荷をかけていることになります。そのほか、さまざまな観点から環境問題に関して学習することになっています。いまほ とんどの企業や会社は、二酸化炭素やゴミの排出量の削減に取り組んでいます。

当学科の学生は、どのような分野の会社に就職しても、中部大学で学んだ環境問題に関する広範な知識を生かして活躍することができます。

ミクロの環境問題 - 環境ストレス応答 -

生 物はさまざまな環境ストレス(たとえば温度、放射線、化学物質、微生物の感染、など)のなかでうまく生きていくことができます。われわれの体を構成してい る一個一個の細胞が、このような環境ストレスにさらされたときに、細胞レベルでうまく対処することができるからです。これが細胞レベルでの環境ストレス応 答という学問分野です。環境生物科学科のなかではちょっと異質かもしれませんが、環境問題といってもマクロな視点ではなく、われわれの体の中で起こってい るミクロの環境問題を取り扱っていることになります。

生物は進化の途上でさまざまな生体防御機構を獲得してきましたが、ストレス応答と呼ば れる現象もその一つです。免疫機構や内分泌系は生物個体全体での応答ですが、ストレス応答は、一個一個の細胞レベルでの防御機構です。たとえば細胞に正常 温度より5~10℃高い温度(熱ショック)というストレスを与えると、いままでほとんど合成されていなかったいくつかのタンパク質が顕著に合成されてくる ようになります。これらのタンパク質のことを熱ショックタンパク質(heat shock protein、HSPと略)と呼んでいます。この熱ショックタンパク質は、分子シャペロンとも呼ばれ、細胞をさまざまな環境ストレスから防護するように 働いています。実際に分子シャペロンを適度に発現させると、細胞や組織などは環境ストレスに対して抵抗性になることがわかっています。このような基本的に 重要な生命現象に基づいて、異常なタンパク質が原因で起こる病気(特に神経変性疾患)の予防や治療の基礎研究も行っています。

環境生物科学科は、マクロからミクロまで、「環境問題」をトータルに学ぶことができる他に例を見ない学科です。

ページの先頭へ