• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

学科紹介

21世紀のキーテクノロジーであるバイオ技術は、いま急速に発展しています。最新バイオ技術を学び、この技術の応用を通じて、社会へ貢献してみませんか?

学科主任からのメッセージ

応用生物学部 応用生物化学科
学科主任 町田千代子

ヒトゲノムの全貌が明らかとなり、新しいバイオ技術が次々と開発されつつあります。これらのバイオ技術が、社会に応用されれば、私たちの産業・社会は大きく変わります。そして、21世紀の産業社会は、いままさに、そのための人材を求めています。

日本人の死因の第1位である「がん」に対する治療法、将来的に確実に起こりうる食糧問題を解決するための「植物」の研究、私たちの健康を維持するための様々な「薬」の開発研究、そして、薬や日用品、食料品などの生産に不可欠な「微生物」の研究、さらに、今後の新たな雇用創出と産業育成としての「グリーン・ニューディール」の研究など、これらを含めたバイオ技術とバイオ技術に欠かせない最新化学技術を習得し、21世紀が求めるバイオのエキスパートを育てることが出来るのが、応用生物化学科の大きな特徴です。また、応用生物化学科では、最新のスキルに加えて、社会的に求められている科学者・技術者に必要な広い視野・独創力・判断力などを適切に習得することが出来ます。バイオ関連企業は、好・不況に比較的左右されず、不況時にも強いと言われています。応用生物化学科に入学し、技術・知識を習得し、社会へ飛び立っていきませんか。

応用生物化学科のイメージ図

最新バイオ技術」と「最新化学技術」を習得し、「微生物」、「動植物」を扱う技術を身につけ、「」、「産業」、「食糧問題」などに貢献できるエキスパートを育てる事が出来るのは、応用生物化学科だけ。

最近の教員の活動紹介

応用生物化学科には他にも多種多様な分野の教員がいます。
詳しくは、「どんな研究をしているの?」をご覧ください。

町田 教授

町田研究室では、最新のバイオ技術を使って、全ゲノム情報が明らかになっているシロイヌナズナに加えて、ランやバラなどの遺伝子解析も行っています。将来は、新しい植物を造ることをめざしています。私達と一緒に、植物バイオの世界に入ってみませんか?
詳しくは、植物バイオ研究センターホームページ、および町田研究室ホームページをご覧ください。

 

禹 教授

微生物、キノコ、生薬などからの生理活性物質の探索成果が注目を集め、株式会社エリナから多額の研究費を寄附してもらい、健康食品科学寄附研究部門が出来ました。このような寄附研究室は東海地方の理・農・バイオ系の大学では例のないことです。
詳しくは、生物機能開発研究所 健康食品科学寄附研究部門ホームページをご覧ください。

ページの先頭へ