中部大学硬式野球部

  • ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

スタッフ紹介

監督

堀田 崇夫

堀田 崇夫 HOTTA TAKAO
出身校: 中部大学

1996年3月、本学卒業後、王子製紙春日井硬式野球部(現 王子硬式野球部)に4年半在籍し、2000年7月からコーチとして本学硬式野球部に携わり、2012年12月より監督に就任し、現在に至ります。

さて、私の考える本学硬式野球部の在り方につきまして、少し話をさせていただきます。

大学生活4年間は、社会に出る為の準備期間であり、4年=1,460日=35,040時間をどう過ごし、何を学ぶかだと捉えております。

具体的には、次の3項になります。

  1. 時間を自分で管理できる人になる。
  2. チーム、個人の目標に対し、計画・実行・評価のPDCサイクルを実践できる人になる。
  3. チーム内での自分の役割といった組織として機能できる人になる。

『野球勉学の両立』が部訓の一つにありますが、限られた時間の中で、野球という道具を使い自身を磨き、人としての器をどこまで広げられるかを追求する4年間にして欲しいと思います。

人を育てることが、野球界の発展に繋がることを信じ、日々努力を重ねて参ります。

皆様のご支援ご声援の程、宜しくお願い申し上げます。

コーチ

原 義彦 HARA YOSHIHIKO
出身校:中部大学

本学硬式野球部を経て、2006年より約2年間、株式会社一光野球部(現・休部)に所属しておりました。

2009年から薬品商社で約5年間営業を経験し、2014年2月より本学硬式野球部のコーチに就任致しました。

部員の技術向上のみならず、生活面も含め指導して参ります。

皆様のご声援の程、宜しくお願い申し上げます。

ページの先頭へ