• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

2021年度 航空機産業製造人材育成講座(第3回)

【2021年10月19日(火曜日)】

このたび、あいち・なごやエアロスペースコンソーシアム様からの委託事業として、「航空機産業製造人材育成講座」を昨年に引き続き開催する事になりましたのでご案内申し上げます。 9月から12月にかけ、計5回15件の講座を開催いたします。

第3回目は DXの取り組みやオペレーションズ・リサーチについて、それぞれ有識者の方から幅広く ご講演をいただきます。

実施方法

オンライン形式で実施します。

  • 各講師の方々の講演動画を、参加される方々にはネット接続してご視聴いただきます。第1回の配信期間は2021年10月19日~11月8日で、この期間内であれば何度でもご視聴いただけます。

  • 動画と配布資料は、画面キャプチャー、録画、録音、それらの再配布等は禁止させていただきます。また、動画や資料配付用のURLの転送等も禁止させていただきます。よろしくお願いいたします。

日時(期間)

申し込み・オンデマンド視聴期間: 2021年10月19日(火曜日)~2021年11月8日(月曜日) 

対象

航空機部品の一貫生産などの生産高度化への取組を実施中またはお考えの企業や団体の皆様、関係する企業や団体の皆様

参加費

無料

講演概要  

講演1 「ものづくり視点から見たDXへの取組みに向けて」

講師 Ridgelinez株式会社 
    シニアアドバイザー 熊谷 博之 氏

今や新聞・メディアにおいてDX(デジタルトランスフォーメーション)という言葉が活字として目にしない日が無いほど日常的に見かけるキーワードとなって来ました。しかしながら実態は? と言うと実の所良く判らない・・・というのも事実かと思います。当講座では、ものづくり視点から見たDXについて、講師経験からお話できる全体概要、導入効果、留意点などについて事例を交えながらご説明します。

講演2 「デジタルを前提に現状を再構築する ~DXとソフトウェアファーストとアジャイルをまとめて考える~」

講師 株式会社デンソー 執行幹部 モビリティシステム事業グループ
    DX推進担当 兼 クラウドサービス開発部長 成迫 剛志 氏

近年、多くの企業がデジタルトランスフォーメーション(DX)の取組みを加速している。経営層もDXの重要性を認識し、単なるIT化ではなく重要な経営課題として取り組んでいる企業も数多い。そして、あわせてソフトウェアファーストやアジャイルへの取り組みも検討しているのではないだろうか? しかし、この3つの単語、DX、ソフトウェアファースト、アジャイルそのものが目的化してしまい、それぞれ個別の取り組みとなってしまっていないだろうか? 本講演では、“デジタルを前提に現状を再構築する”というDXの本質とその推進のためのプロセスや体制のヒントをご紹介します。

講演3 「OR(オペレーションズ・リサーチ)-問題解決の道具箱-」

講師 愛知県立大学 情報科学部情報科学科 
    教授 奥田 隆史 氏

OR(Operations Research)とは、経営・政策における諸問題に対する問題解決・計画立案のための科学的な知恵の集大成である。科学的とは、例えば、複数の計画案があるとき、経験と勘でこの案が望ましいと判断するのではなく、数理モデル・統計分析等を用いて各案の望ましさを数量的に表し、その中から最良の案を決定することである。本講ではORを問題解決の道具箱と捉え、様々な道具の基本的な考え方を、具体的な例をあげながら紹介します 。

 

申込み方法

次のWebページに表示される「参加申し込みフォーム」からお申し込みください。

2021年度 航空機産業製造人材育成講座 申し込み案内 別サイトにリンクします

第3回 締切り: 2021年11月8日(月曜日)

問い合わせ: 工学部 宇宙航空理工学科 教授  鈴木 博
電子メール: AstroAero@gs4e.chubu.ac.jp
電話: 0568-51-1712 内線: 4208

ページの先頭へ