• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

山田かん奈さんが、第21回比較グライコーム研究会2020横浜onlineシンポ「種の起源と進化~宇宙&深海~」で奨励賞を受賞

【2020年12月2日】

当学科3年 山田かん奈さんが、8月21日(金曜日)に開かれた第21回比較グライコーム研究会2020横浜onlineシンポジウム「種の起源と進化~宇宙&深海~」(比較グライコーム研究会世話人会主催、公立大学法人横浜市立大学共催)で、「初期地球にクエン酸回路はどうやってできたか?」という研究テーマの提案を行い、奨励賞を受賞しました。
https://www.yokohama-cu.ac.jp/news/2020/201019_OnlineSymposium.html

このシンポジウムは、生命を構成する主成分のひとつである「糖」の起源と進化を、宇宙と深海から異分野融合的にディスカッションする世界初のシンポジウムで、110名のポスドク・院生・学部生、海外(カナダ・中国・アメリカ)から12名の研究者・学生を含む、285名の参加応募があり、当日は約230名の方が参加しました。近未来の糖鎖科学にインパクトを与える研究テーマの提案をポスドク、大学院生、学生から募り、8件のすぐれたテーマに、奨励賞が授与されました。山田さんはこの8名のひとりに選ばれました。
 

ページの先頭へ