• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

全日本学生室内飛行ロボットコンテスト技術交流会の開催

【2019年3月8日】

日本航空宇宙学会が主催する全日本学生室内飛行ロボットコンテストの技術交流会が、3月2日に中部大学で開催されました。この技術交流会は、飛行ロボットコンテストに関心のある高校生、高等専門学校生、大学生を対象に、知識の向上や飛行技術の習得のきっかけとするための初めての試みです。今回は、全国15校から49名の学生が参加しました。

全日本学生室内飛行ロボットコンテスト別サイトにリンクします 

理論講習では、飛行ロボットコンテストに選手として参加した経験も豊富な東京大学土屋研究室の森田さんから、航空機の概略から屋内飛行機の設計・製作、飛行や調整について、2時間みっちりと学びました。

その後、機体設計、自律制御、飛行調整など各自が興味のあるテーマに分かれ、フリーディスカッションによる交流会が開催されました。製作した機体を持ち寄るチームもあり、活発な意見交換が行われました。

今回の技術交流会で学んだ技術を基に、宇宙航空理工学科からも飛行ロボットコンテストの出場を目指します。

宇宙航空理工学科主任の武藤先生からの開会のあいさつ

東京大学の森田さんによる理論講習

参加チームが持ち寄った機体

ページの先頭へ