• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

イプシロンロケット4号機による革新的衛星技術実証1号機の打ち上げ

【2018年12月7日】

イプシロンロケット4号機による革新的衛星技術実証1号機の打ち上げ予定日が、2019年1月17日(木曜日)と発表されました。

JAXA:イプシロンロケット4号機による革新的衛星技術実証1号機の打ち上げについて新しくウィンドウが立ち上がります

革新的衛星技術実証1号機では、民間企業や大学などが開発した宇宙機用の機器や部品、超小型衛星やCubeSatなどの宇宙実証が実施されます。これら宇宙実証のひとつとして、宇宙航空理工学科の海老沼研究室で開発された超小型宇宙機用GNSS受信機であるFireantが搭載されています。

JAXA:超小型衛星のスタンダード機器を目指して 超小型・省電力GPS受信機の宇宙実証新しくウィンドウが立ち上がります

CubeSatに代表される超小型衛星のミッションは、大型衛星では例のない数十機以上の衛星からなるswarmがトレンドになりつつあります。Swarmは小型・低コストである超小型衛星の特徴が生きるアプリケーションである一方で、これほど多くの衛星を一度に運用するためには、衛星に高度な自律化が求められます。衛星の自律化において、その位置情報に加えて精密な時刻も提供できるGNSS受信機は、将来の宇宙開発におけるキーコンポーネントのひとつです。

CubeSatによるswarmのコンセプトイメージ(Credit NASA)

ページの先頭へ