• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

宇宙航空理工学科講演会「ロケット設計の基礎と宇宙旅行」

【2018年11月21日(水曜日)】

宇宙航空理工学科 講演会

演題: 「ロケット設計の基礎と宇宙旅行」

ロケットの原理から説き起こし、一般教養で学ぶ教科(材料力学、流体力学、熱力学、構造力学、制御工学等)が、ロケットの設計にどのように役立つかを開発現場の事例を交えながら易しく説明したいと思います。将来、一般大衆の宇宙飛行(宇宙旅行)を実現させ、それを民間事業として成立させるには、どのような技術や発想が必要になるかも紹介したいと思います。
JAXA上席研究開発員 成尾芳博

講師: 成尾 芳博 先生 (JAXA宇宙科学研究所)

 スペースX社が再使用ロケットで衛星を打ち上げ話題になっていますが、日本ではずっと前に再使用ロケットの実験に成功していました。先生はこの再使用ロケット、特にロケットエンジンを研究開発している専門家です。
 

日時: 2018年11月21日(水曜日) 15時20分 ~16時50分

場所: 531講義室(新5号館3階)

お知らせ: 講演終了後、成尾先生を囲んで懇談会を開きます。参加希望者は11月6日までに苅田まで、メールで連絡ください。

問い合わせ: 宇宙航空理工学科 苅田   メーラーが起動しますkanda-t@isc.chubu.ac.jp(新5号館2階5254室)

(PDF形式:約4.4MB)

 

Adobe Readerのダウンロードサイトへ
PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。Adobe Readerがインストールされていない場合は、左のアイコンをクリックして、ダウンロードした後インストールしてください。
Adobe ReaderをインストールするとPDFファイルがご覧頂けます。詳しくは、アドビシステムズ株式会社のサイト新しくウィンドウが立ち上がりますをご覧ください。

ページの先頭へ