• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

学科概要

宇宙機・航空機の生産・開発の現場で活躍する「ものづくり」のリーダーを育成。

宇宙航空産業の集積地で、ものづくりリーダーを育成

中部地域は、国から国際戦略特区「アジアNo.1航空宇宙産業クラスター形成特区」に指定され、愛知県を中心に宇宙航空産業の企業が集結しています。宇宙機、航空機、エンジン・胴体・翼といった機体部品などの開発や製造現場、宇宙航空産業で必要とされる電子情報機器やソフトウェアの開発現場など、高機能・高性能を追求したものづくり現場で宇宙機や航空機の生産開発に携わる人材へのニーズは、さらに高まっていくものと考えられます。

宇宙航空理工学科は、宇宙航空産業の第一線で活躍する技術者を講師に招いた特別講義や、宇宙航空産業に携わる企業を対象とした工場見学・工場実習など、宇宙航空産業の集積地という利点を最大に生かした学びを豊富に用意。産業界とも深く関わりながら実習や講義を行い、将来の宇宙機・航空機の生産・開発現場のリーダーとして、グローバルに活躍できる技術者を育成します。

基礎情報

開設年 2018(平成30)年
取得可能な学位 学士(工学)
在学生数 1年 76人(11人)
2年 78人(9人)
3年
4年
合計 154人(20人)
専任教員数 教授 8人(0人)
准教授 1人(0人)
講師 2人(1人)
合計 11人(1人)
  • 2019年5月1日現在
  • カッコ内は女子内数

ページの先頭へ