• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

講義クラスの作り方

 

Google Classroom の簡単な説明

Google Classroom では、「ストリーム」「授業」「メンバー」「採点」を使って講義を管理・運営します。
「ストリーム」には、講義での「お知らせ」を表示(投稿)することができます。学生は、その投稿に対して返信することができますので、学生からの質問が書き込まれることもあります。
「授業」を使って講義の課題を提示したり、レポートを受け取ったりします。
「メンバー」で講義クラス(Classroom)に登録した学生を確認することができます。CoursePowerと違い、履修登録学生が自動的に登録されるわけではありません。履修学生にはクラスコードを通知して、講義クラスに登録してもらう必要があります。
「採点」にて、Google Classroom を使った得点集計結果が表示されます。TAを教師登録する場合には、TAにも「採点」が見えてしまったり、「授業」で得点を与えたり修正できたりしますので、この機能は使用すべきではありません。 

※以下の画像は、クリックすると 別ウィンドウに大きく表示されます。

講義クラスの作り方

(1) Google Classroom 新しくウィンドウが立ち上がりますにアクセスします。

a) 他に google を使っていない場合は左の画面が、b) 別の google アカウントを使っている場合は右のような画面が表示されます。

 

a) の場合、右上の「ログイン」から「Google Classroom」を選択します。

ログイン画面が表示されるので、「xxxxx@gs4e.chubu.ac.jp」形式の Googleアカウントを入力して「次へ」をクリックし、パスワードを入力して「次へ」をクリックします。

 

b) の場合、右上の(画面では顔写真)の部分をクリックして、ユーザを切り替えます。xxxx@gs4e.chubu.ac.jp 形式のアカウントが表示されている場合は そのアカウントを、表示されていない場合は「別のアカウントを追加」をクリックします。

 

「別のアカウントを追加」をクリックした場合には、xxxx@gs4e.xhubu.ac.jp 形式の Google アカウントを入力して「次へ」をクリックし、パスワードを入力して「次へ」をクリックします。

 

始めて Classroom を使用する際には、アカウント名の確認画面が表示されるので確認して「続行」をクリックします。
「生徒」か「教師」かを聞かれるので、「教師」をクリックします。

 

これで Google Classroom を使用する準備ができました。

 

(2) 講義クラスを作成します。右上の「+」を押して、「クラスを作成」を選びます。

クラス名などを入力する画面が表示されるので、次の要領で入力して、作成をクリックします。

クラス名: 講義名称を入力。複数クラスが存在する場合には()をつけて、クラス名などを追記したくなりますが、長いクラス名を設定すると画面により途中までしか表示されません。
セクション: 開講曜日、時限と講師名を記入すると分かりやすいと思います。
科目、部屋: クラスの初期画面には表示されないので空欄で問題ありません。

これで、講義クラスが作成されました。

 

(3) 注意書きの追加と設定変更を行います。

設定を変更するには右上の歯車マークをクリックします。


次の画面が表示されるので、「全般」にある「ストリームでの授業」にて「通知を非表示」を選択します。
(クラスのトップ画面、ストリームにおいて たくさんの通知が表示されないようにします。表示しておきたい場合は「要約した通知を表示」のままにしておいてください)

  

なお、「クラスの詳細」の「クラスの説明」に講義科目の簡単な説明を書いておくと、講義の一覧画面で簡単に表示させることも可能です。

変更が終了したら「保存」をクリックします。

「ストリーム」(講義科目のトップ画面)に戻ります。このストリームに通知やお知らせを書き込んで、学生に様々なアナウンスをしたり、学生からのコメントを受けたりすることができます。

レポート提出時の注意事項や、学生からのコメントや質問を受けるための、学生向けの連絡を掲載する例を示します。
書き込んだら、「投稿」クリックすると投稿されます。

<掲載内容の例>

レポート提出時のお願い:
・課題としてファイルを提出する場合は(1)「あなたの課題」から「+追加または作成」を選び、(2)「ファイル」を選択してください。(3)提出するファイルを選択するかドラッグし、アップロードを押します。(4)最後に「提出」を押して完了です。
・複数のファイルをレポートと提出する場合は、zip ファイルにまとめるのではなく個別のファイルのまま提出してください。
・手書きレポートを提出する際は、次のページを参考にしてスマホで撮影したものを提出してください。
  https://www3.chubu.ac.jp/astronautics_aeronautics/aanotice/lens/

各種資料のダウンロード方法:
・対象ファイルを右クリックして「 新しいタブで開く」を選択、開いた新タブ画面の右上に表れる「 ↓(下向きアイコン)」を押す。

講義における質問について:
・講義内容について質問があれば、この「ストリーム」を使って書き込んでください。
・各回の課題に対する質問は、各課題に「コメント」が書けますので、質問を書き込んでください。

 

 

 

(4) 次に、授業で使用する資料を掲載してみます。

「授業」をクリックすると、講義内容の作成画面が表示されます。

まずは、トピックを作成します。トピックには「第1回」とか「第1週」を設定するとわかりやすいと思います。
「作成」から「トピック」を選び、トピックの名称を設定します。
例えば、「第1回 (5/7) オリエンテーション」とか「第1週 (5/8) 日本の歴史 [中部太郎]」など、講義により工夫すると分かりやすいトピック名を設定できます。

 

「追加」をクリックすると完了です。同様に、「第2回」も作成した例を右に示します。

 

次に、講義での配付資料を配置してみます。
「作成」から「資料」を選びます。

資料の名称などを「タイトル」に入力します。必要により、「説明」に説明や指示などを記載します。
「授業」を選択した画面では「タイトル」が課題名称として表示され、その課題(資料名)を選択すると、「タイトル」と「説明」の両項目が学生の画面に表示されます。

「追加」から「ファイル」を選択します

 

ファイルを挿入する画面が表示されるので、ここへファイルをドロップするか、「デバイスのファイルを選択」をクリックしてファイルを選択してください。

「アップロード」をクリックするとファイルがアップロードされます。

 

右の「トピック」から、関連付けるトピックを選択し、右上の「投稿」をクリックすると投稿・公開完了です。

 

なお、投稿する際に「投稿」の右にある▼をクリックすると、「予定を設定」「下書きを保存」などを選択できます。
この資料を指定した日時に、自動的に公開したい場合には「予定を設定」を選び、画面の指示に従い公開日時を設定します。
まだ公開せずに保存だけしておきたい場合には、「下書きを保存」を選びます。後ほど、この資料を再「編集」して、公開として投稿することができます。

 

(5) 掲載した資料の確認
(4) の手順で掲載した資料は、次のように表示されます。資料の項目をクリックすると、掲載されているファイルが表示され、それをクリックすることで掲載されている資料が表示されます。

 

学生の画面には、左のように表示され、「資料を表示」をクリックすると右のように表示されます。
教員画面と同様に、資料をクリックすると左画像でも右画像でも資料が表示されます。
右画面では、「コメント」入力画面が表示されており、学生は質問やコメントを書き込むことができます。このコメントは受講学生全員と教師で共有されます。

 

 

(6) 学生の登録

Google Classroon の講義クラスへの受講学生の登録は自動的には行われません。
(この点は CoursePower と大きく異なるところです。ご注意ください)
学生にクラスコードを通知して、学生自ら講義クラスに登録をしてもらう必要があります。このため、全ての講義資料が準備できていなくても、(1)~(3)により講義クラスの作成ができたら、早めに学生にクラスコードを通知して、講義クラスへの登録を促しておくと良いと思います。

左上の講義科目名をクリックするか、「ストリーム」をクリックすると講義クラスのトップ画面が表示されます。

カラフルな画像中、講義科目名の少し下に「クラスコード:xxxxx」と記載があります。講義の受講学生には、このクラスコードと次の学生向けの手順新しくウィンドウが立ち上がりますをTora-Netメールで通知して、講義クラスへ登録させてください。

https://www3.chubu.ac.jp/astronautics_aeronautics/aanotice/google_edu/

なお、学生はクラスコードを知っていれば、どの講義クラスへも登録できます。このため、不必要な学生にクラスコードを教えないようにご注意ください。

 

(7) 登録学生の確認

講義クラスに登録している学生を確認するには「メンバー」をクリックします。教師と生徒として登録されている人物一覧が表示されます。

 

(8) 講義一覧の表示

左上の三本線(横線)をクリックすると、「クラス」や科目一覧が表示されます。

 
科目名を選択すると、選択した科目が表示され、「クラス」を選択すると担当(登録)科目一覧が表示されます。
(この動作は学生の画面でも同じ動作です)

  

上の例では1科目しか表示されていませんが、たくさんの科目を担当(登録)していると、次のように表示されます。

教師の画面では、科目名の他に、生徒(学生)の登録者数も表示されます。ここで科目名をクリックすると、その科目が選択されます。また、別の科目を作成する場合には、右上の「+」をクリックし(2)~(3)の手順をくり返してください。

(9) 講義のアーカイブ

各学期の終了後、クラスがそのまま残った状態となります。
作成された「クラス」は、学期が終了しても、学生がアクセスした際、表示されたままの状態で残り続けます。
その「クラス」を次の学期に利用しない場合は、「アーカイブ」または「削除」を行う必要がありますので、ご注意ください。
アーカイブをした場合、受講生と教師は後でアーカイブされたクラスから、資料や提出物の確認が可能です。
アーカイブされたクラスは確認可能ですが、編集等は不可の状態となります。
なお、アーカイブ前に学生がクラスから抜けた場合、その学生の提出したデータ等が失われますので、早めにアーカイブをしてください。
クラスのアーカイブは、クラス一覧の各クラスの右上にある「3つの・が縦に並んだところ」を押すと行えます。

詳細な手順については、こちら新しくウィンドウが立ち上がります のマニュアルをご参照下さい。

 

(その他)資料をダウンロード不可や印刷不可としたいとき

ストリーミング形式でビデオを再生させたり、PDF資料をブラウザ内に限定して表示をすることが出来ます。
通常通りClassroomで資料をアップロードした後に、Google Drive新しくウィンドウが立ち上がりますに移動して頂き、アップロードした資料を探して下さい。
(Classroomからアップロードをした場合、マイドライブ直下のClassroomフォルダにあるかと思います。)
こちらの資料新しくウィンドウが立ち上がります
 または、こちらの資料新しくウィンドウが立ち上がりますを参考に「共有設定の変更(DL不可など)」を行って下さい。
以下のような画面で、ダウンロードなどの項目が表示されなければ、閲覧者(学生)はダウンロードや印刷が出来ません。

動画については、アップロード後に自動変換処理がサーバ上で行われます(一定の時間がかかります)。

 

Meetの使い方

クラスルームの講義ごとにMeetの会議室を設定する方法を示しておきます。
中部大学のGoogleアカウントを使うことで、有償版の以下のような機能が利用可能です。

・1会議あたりの同時参加者数:250人
・時間制限:1会議の最長時間は300時間
・録画機能:利用可(100TB以上のオンラインストレージを共有)
・ブレイクアウトルーム:利用可
・質問など高度な機能:利用可(2021年3月現在、スマホアプリ版では非対応)

 

(1) 設定

設定を変更するには各コース右上の歯車マークをクリックします。

次の画面が表示されるので、「全般」にある「Meet」の設定にて「生徒に表示」を選択します。
変更後、右上の「保存」を押して下さい。

  

 

(2) 会議室への参加

設定が変更されれば、参加用のURLが参加者に表示されます。
以下の赤枠部を押せば、その講義の会議室に入れます(学生も同様です)。

 

参加するを押すことで、会議室に入室できます。
学生は、教員が参加するまで入出できません。
また、クラスルームに参加しているGoogleアカウント以外からは許可なく参加できません。

 

(3) 画面の共有など、その他の機能

Meetの基本的な操作は、こちらのような外部サイトにまとまった情報があります。ご参照下さい。

 

(その他)外部の特別講師に参加をお願いする場合

ClassroomのMeetであっても、中部大Googleアカウントをお持ちではない方に参加して頂くことも可能です。
会議開始後であれば、学外のGoogleアカウント(普通のgmailなど)をお持ちの講師を招待することで、ご参加頂けます。
参加を許可出来るのは、「会議を開始した教員」となります。
招待をしたい場合、以下の画像の1〜2の操作で得たURLを講師にお伝え下さい。

1.Meetの左下の「会議名 ▽」を押す
2.「参加に必要な情報をコピー」を押す

URLを受け取った方が参加をすると、会議主催者(会議を開始した教員)のウィンドウ上部に以下のようなダイアログが出ます。
許可をする場合、「承諾」を押して下さい。

ページの先頭へ