• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

学科主任メッセージ

あなたの知的好奇心とチャレンジ精神が地球の未来を切り開く。

『化学』は、もの(物質)を対象とし、その基本である原子、分子、それらの変化(反応)などを取り扱う、そして私たちの生活に密接に関連している学問です。私たち自身はもちろん、私たちの身の回りのすべてのものがさまざまな物質からなり、そして私たちはファインセラミックス、プラスチック、半導体・集積回路、バッテリー、医薬品・農薬などのさまざまな新しい物質、材料、それらを用いた製品を作り出し、生活を豊かなものにしてきました。

原子、分子とその反応によりできる物質の数は無限にあります。原子や分子は直接見ることはできませんが、私たちは頭の中でそれをイメージし、動かして、組み立てます。「こんな分子があったらいいな。」「あんな材料があったらどうなるんだろう。」・・・私たちの知的好奇心が尽きることはありません。

一方で、新しく作りだされた物質が環境に影響を与え、私たちの生活を脅かすようになることもあります。これまでの新物質の創出や応用を支えてきたのが『化学』であり、未来の私たちの生活をより豊かにするばかりでなく、現在のエネルギー、環境、食糧、水などの問題の解決、社会の持続的な発展にもやはり、『化学』の力が不可欠なのです。

ものづくりの原点である『化学』だからこそ、できることがたくさんあります。チャレンジすべき課題は尽きません。あなたの知的好奇心で地球の未来を切り開き、ともに『化学』で夢を“かたち”にしていこうではありませんか。

応用化学科主任 教授 幅上茂樹

ページの先頭へ