• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

教育目的・学科の特色

教育目的

学生の皆さんは、化学の各分野はもちろんのこと、物理や数学、語学や情報処理、人文・社会学などの教養科目の知識を学びます。

化学の専門基礎科目として、物理化学、無機化学、有機化学、分析化学、化学工学などを学習し、新しい化学の世界を創りあげていくための基礎的な知識を習得し、まずしっかりとした「根」をはることができるように教職員が支援します。エネルギー、環境、機能性材料、創造プロセス化学、バイオケミストリー、精密計測などの専門科目を学び、さらには先端研究や先端技術のトピックスにも触れます。卒業研究を通じて、各研究室で実際の研究の仕方を学び、「あてになる化学技術者・研究者」に成長するように、いろいろな学習・教育プログラムを提供していきます。

応用化学科の特色

本学科の特色は、専門基礎科目と創成的な実験を重視しているところです。応用化学の根幹となる科目を必修科目にして、少人数教育によるきめ細かな指導を行っています。また、化学実験は、1年生の春学期から始まり、3年生の秋学期の専門実験まで、毎学期実験を行っていきます。特に、3年生の専門実験の一つに、創成実習があります。この実験では、民間企業の現場で問題になっていることや新規の開発テーマを、企業の技術者と一緒になって実験や調査を行い、ディスカッションを通じて解決していく問題解決型の実験です。

4年生の卒業研究では、研究テーマや実験内容を自分で考え、指導教授とのディスカッションを通じて研究結果を考察し卒業研究としてまとめていきます。毎年、数人の学生は、専門分野の学会で研究発表を行っています。このような創成的な実験や専門基礎科目の修得は、皆さんが卒業して社会に出られたときに、きっと役にたちます。

コース制による学習

本学科では、3年生よりクラス別教育を導入しています。学生の皆さんがそれぞれの学習教育目標に向かって学修できるように配慮しています。

「応用化学スペシャリストコース」は、工学倫理や語学に加え、応用化学の専門科目を深く学ぶコースです。本コースを卒業すると、文部科学大臣の指定を受けて技術士の第1次試験が免除され、修習技術者の資格が与えられます(詳細は「JABEEについて」を参照してください)。

応用化学エンジニアコース」は、化学技術を広く勉強することができるコースです。また、卒業に必要な128単位のうち、20・0単位を専門科目以外に自由に選択して履修することもできます(自由科目)。この特典を利用して、他学部他学科の専門教育科目を集中的に勉強して、他学部他学科を「副専攻」として修了することができ、修了証書にも記載されます。

実践力のある「あてになる化学技術者・研究者」の育成

本学科の特色は、専門基礎科目と創成的な実験を重視しているところにあります。応用化学の根幹となる科目を必修科目にして、少人数教育によるきめ細かな指導を行っています。また、化学実験は、1年生の春学期から始まり、3年生の秋学期の専門実験まで、毎学期実験を行っていきます。特に、3年生の専門実験の一つに、産学連携創成実験があります。この実験では、民間企業の現場で問題になっていることや新規の開発テーマを、企業の技術者と一緒になって実験や調査を行い、ディスカッションを通じて解決していく問題解決型の実験です。

1. 導入教育

1年生の導入教育として、多数教員による少人数の「スタートアップセミナー」を開講し、化学の魅力と面白さを伝えます。

1年次春学期に開講されるスタートアップセミナーにおける安全講習の一コマです。この科目では他にパソコン使用法や教員数名によるトピックス講義を受講し、化学の基本やおもしろさを学びます。

「基礎化学セミナー」・「応用化学入門」の様子

2. 徹底した基礎教育(コア科目)

1年生秋学期から2年生春学期の間、無機化学・有機化学・物理化学・分析化学・化学工学の5分野について徹底した基礎教育を行っています。

3. 充実した実験科目

1年生から3年生の間、基礎実験から専門的実験まで、少人数で行える態勢を整えています。それぞれの実験科目の中に、創成的要素(自ら考える)を取り入れています。

4. コース制教育

3年生春学期にスペシャリストコースとエンジニアコースの2コースに分かれ、それぞれの学習教育目標を明確にした教育を行っています。

5. 化学英語教育

卒業研究の仮配属を3年生秋学期に行い、「化学英語セミナーA」は、4年生の卒業研究受け入れ教員が担当し、いろいろな研究分野の実践的英語教育を行っています。

ページの先頭へ