• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

応用化学エンジニアコース

教育目的

応用化学エンジニアコースの学生に幅広い応用化学の学習の機会を与え、化学分野の広い領域で活躍するために必要とされる基礎学力の修得に重点を置いた教育を行って、産業界のみならず地域社会を含めた地球的規模における責任を自覚できる、実行力を伴った化学技術者を育成することである。

学習教育目標

応用化学エンジニアコースの目標は、以下の要件を満たした卒業生を送り出すことである。

A. 人間形成と地球的視野

豊かな人間性と社会性を備え、健全な市民としての自覚を持ち、社会に対する責任を自覚する能力を身につける。

B. 工学基礎知識

数学、物理学、化学、生物学、情報処理などの基礎知識を習得し、それらの知識を応用する基礎能力を身につける。

C. 応用化学専門知識

化学技術者として必要な専門知識を学び、それらの知識を応用する基礎能力を身につける。

  1. 応用化学の専門科目を修得する上で基礎となる事項が理解できる能力(応用化学コア科目)。
  2. 環境化学、物理化学、無機プロセス化学、有機プロセス化学、有機ファイン化学、化学工学など応用化学に関する専門基礎知識、実験技術、およびそれらを応用する基礎能力(応用化学専門科目)。
  3. 応用化学の専門基礎知識を総合的に活用し、経済性・安全性・信頼性・社会および環境への影響を考慮しながら応用する基礎能力。

D. 表現能力・コミュニケーション能力

与えられた課題について結果を文書に適切にまとめる能力、およびプレゼンテーションができる能力を身につける。さらに、英語を中心にした外国語の読解能力とコミュニケーション能力を身につける。

E. 技術者倫理・チームワーク能力・マネージメント能力・継続的学習能力

化学技術が人間社会および自然環境に及ぼす影響を理解し、種々の能力を持った人々と協力してプロジェクトを円滑に遂行する能力を身につける。さらに、生涯にわたってそれらの能力を高めるための継続的な学習態度を身につける。

ページの先頭へ