• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

応用化学科の1年

応用化学科の1年間の行事です

4月

入学式

講堂(体育館)で行います。中部大学は入学者の数が多いので、学部ごとに全体で2部に分けて行われます。

  

フレッシュマンテスト(1年生)

英語、数学、物理の試験を行います。試験の結果は、授業のクラス分けに利用されます。

春学期オリエンテーション・履修登録

学年ごとに行われ、2年生以上のオリエンテーションは3月末に行います。前学期の成績表などが配布され、今学期の連絡事項などが伝えられます。

履修登録は、時間割表やシラバスを見ながら自分が学ぶ授業を決めて、自分だけの時間割を作ってWeb上で登録を行います。これを行わないと、授業を受けても単位認定されません。なお、1年生の春学期は、履修できる科目が指定されているので、その中から履修する科目を選択して、登録を行います。

                           

 

春学期授業開始

4月に入ると、すぐに授業が始まります。授業期間は15週間あり、その後、試験期間に入ります。初めのうちは、講義室の場所が分からず、構内をウロウロしている新入生も多く見かけます。

新入生恵那研修(1年生)

全学で行われる本学の伝統行事であり、岐阜県恵那市にある本学の恵那研修センターで、学科ごとに1泊2日で行われます。新入生は全員参加です。企画は4年生を中心とした学生アシスタントが行い、教員(学科主任、主任補佐、1年生指導教授)も参加します。

研修では、学生生活を送る上で知っておくべき事項の説明だけでなく、レクリエーションや実験などを通して、学生どうし、あるいは教員との交流を深めることができます。

  

   

 

5月

春のオープンキャンパス

年によって開催時期に若干の変更があり、2012年は4月に開催されました。学科説明会や学科紹介ツアーが行われます。

 

6月

全学スポーツ大会

水曜日の午後を使っての全学学科対抗のスポーツ大会です。種目は、リレー、大縄跳び、綱引き、玉入れです。大縄跳びは1年生が担当です。学生も教員も学科でおそろいのTシャツを作って毎年参加しています。

  

  

企業講演会

社会で活躍する応用化学科の卒業生を呼んで、在学生に向けた講演をしてもらっています。毎年、いろいろな分野の方が話をしていただけるので、興味深い講演会となっています。

 

 

7月

研究室配属説明会(3年生)

4年生で卒業研究を行う研究室を決めるための説明会が行われます。各研究室の教員による研究室紹介を聞いて、自分が行きたい研究室を考えておきましょう。9月の仮配属までの間、興味のある研究室を実際に見て回ることができます。

春学期期末試験

15週の授業期間が終わると、期末試験期間に入ります。原則、時間割通りに試験があるため、1日の試験科目数が多くなりますから、試験対策は早めに、計画的に進めておきましょう。

 

8月

夏のオープンキャンパス

期末試験が終わると、夏のオープンキャンパスです。年間で最も規模の大きいオープンキャンパスになり、3日間開催されます。応用化学科教員による模擬授業や研究室開放などが行われ、学生もスタッフとして参加しているので、応用化学科を深く知るチャンスです。

  

  

夏休み

 期末試験を乗り切れば、ようやく夏休みです。成績によっては、8月の下旬に追・再試験があります。

 

9月

秋学期オリエンテーション・履修登録

学年ごとに行われ、春学期の成績表の配布や秋学期の連絡事項の伝達が行われます。秋学期の履修登録もこの時期に行われます。

秋学期開始

春学期と同じく、授業期間15週間+試験期間になります。

研究室仮配属(3年生)

3年生は、4年生になって卒業研究を行う研究室に仮配属されます。また、秋学期に開講され、各研究室の教員が担当する「化学英語セミナーA」では、各研究分野の実践的英語教育を、「応用化学創成実験」では、各研究室でより専門性の高い実験を行うことで、卒業研究に備えます。

 

10月

ソフトボール大会(4年生・大学院生)

恵那研修センターで、2日間にわたって研究室対抗のソフトボール大会が開催されます。ソフトボールだけでなく、研修センターで寝食を共にすることで、研究室や学年の枠を超えて、学生どうし、あるいは学生と教員との交流を深めることができます。

  

秋のオープンキャンパス

春のオープンキャンパスと同じく、学科説明会や学科紹介ツアーが行われます。

 

11月

中部大学祭

11月の初めに、3日間にわたって開催されます。応用化学科では、毎年研究室の学生が中心となって出展しています。この数年は、七宝焼き体験を出展しています。また、研究室単位で模擬店をだすところもあります。

  

  

 

12月

冬休み

他の休みに比べると短いですが、1月に入ると期末試験も近いので、遊びすぎは禁物です。

 

1月

コース選択説明会(2年生)

3年生からのコース選択(スペシャリストコース・エンジニアコース)の説明会です。自分の将来を考え、コースを選択してください。

秋学期期末試験

成績によっては、春休み中に再試験やレポート提出が課される場合があります。計画的に試験対策を行って、確実に単位を取得してください。

 

2月

卒論発表会・修士論文公聴会

4年生の1年間、あるいは大学院修士2年間をかけて行った卒業研究、修士研究の発表の場です。

 

3月

卒業式

大学全体での卒業式の後、学科で集まって卒業証書の授与が行われます。スペシャリストコースの学生には、コース修了認定証も授与されます。また、卒業式の日の夕方には、卒業記念パーティーが開催されます。

春休み

再試験などがなければ、高校生までに比べると長い休みになります。過ごし方は人それぞれですが、バイトに明け暮れるだけでなく、旅行やボランティアなど、いろいろなことにチャレンジする良い機会です。

ページの先頭へ