• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

学科概要

化学を環境に生かす視点で問題解決能力の高い化学技術者・研究者を育成。

化学を環境保全に生かす視点

化学は、物質を分子レベルで解き、反応させ、新しい物質を合成・応用することにより、衣食住や医療などのあらゆる面で人類の繁栄に貢献しています。一方で現代社会は、環境問題や資源、エネルギー、食糧、人口問題などの難問が山積みしており、応用化学はこれらの課題を解くキーサイエンス&テクノロジーとしてますます重要性を増しています。

応用化学科では、環境化学に立脚したグリーンケミストリー(環境にやさしい化学)の観点を重視し、人類の持続的発展と地球環境の保全に向けて、化学をどのように貢献させていくかを機軸に学びます。「無機化学」「有機化学」「物性化学」「環境化学工学」のすべての専門分野で根幹となる科目を必修とし、少人数教育によるきめ細かな指導を行っています。また、実験科目を最重要視し、各実験科目の中に創成的(自ら考える)要素を取り入れています。3年次には、スペシャリストコース(JABEE認定コース)、エンジニアコースのいずれかに所属し、社会の発展に貢献できる「あてになる化学技術者・研究者」を目指していきます。

基礎情報

開設年 1966(昭和41)年
取得可能な学位 学士(工学)
在学生数 1年 87人(12人)
2年 90人(19人)
3年 93人(12人)
4年 81人(14人)
合計 351人(57人)
専任教員数 教授 8人(0人)
准教授 4人(1人)
講師 2人(2人)
合計 14人(3人)
  • 2019年5月1日現在
  • カッコ内は女子内数

ページの先頭へ