• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

理事長あいさつ

チャレンジする勇気と実行力 ― 世界に羽ばたくことのできる学生を育てます。

飯吉厚夫理事長・総長

学校法人中部大学理事長
中部大学総長
飯吉 厚夫 IIYOSHI Atsuo

2014年は中部大学が50周年を迎える記念の年です。1964年に中部工業大学としてスタートしましたが、1984年には経営情報学部と国際関係学部を設置し、大学の名称も中部大学と変更して総合大学としての歩みを始めました。以来、人文学部、応用生物学部、生命健康科学部、現代教育学部の各学部を開設して、現在は7学部29学科を擁する、学生数も1万人を越える総合大学に成長しました。

もちろん、総合大学の意義は、単に学部をつくるだけではありません。各学部が相互に交流することによって、はじめて総合大学の真価が発揮されるのです。残念ながら、本学は学部間の壁は比較的低いものの、未だ総合力を発揮するところまで至っていません。

そこで、今回学生達に学部を超えて自由に交流し、自分達の判断で学び、数々の企画と体験のできる環境と場を提供して、学力だけでなく人間力を培うための学生支援センター(仮称)を建設することにしました。この学生支援センターが50周年の記念の建物として新しい学園づくりのシンボルになることを願っています。

2013年8月1日

飯吉厚夫

ページの先頭へ