• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

中部大学とESD

中部大学は、現在国連が進めている「持続可能な開発のための教育(ESD)の10年」(2005-2014)の中部地域における活動拠点の幹事機関となっています。

ESDとは

環境、資源、災害、貧困、人権、平和、健康、福祉などの様々な課題に対して、多角的で総合的な視点から問題の本質と関連性を見出し、解決につながる新たな価値観や行動を生み出すことができる人材の育成、そして、それにより、環境・社会・経済の調和の取れた持続可能な社会を創造していくことを目指す活動のことです。

中部大学とESD

中部大学は、7学部30学科が一堂に集う総合大学だからこそできる教育を進めています。

中部大学とESD

中部大学は、45万平方メートルの緑豊かな広いキャンパスに

  • 工学部
    機械工学科、電気システム工学科、電子情報工学科、建築学科、都市建設工学科、応用化学科、情報工学科、ロボット理工学科(2014年4月開設予定)
  • 経営情報学部
    経営情報学科、経営学科、経営会計学科
  • 国際関係学部
    国際関係学科、国際文化学科、中国語中国関係学科
  • 人文学部
    日本語日本文化学科、英語英米文化学科、コミュニケーション学科、心理学科、歴史地理学科
  • 応用生物学部
    応用生物化学科、環境生物科学科、食品栄養科学科(食品栄養科学専攻、管理栄養科学専攻)
  • 生命健康科学部
    生命医科学科、保健看護学科、理学療法学科、作業療法学科、臨床工学科、スポーツ保健医療学科
  • 現代教育学部
    幼児教育学科、児童教育学科

の、7学部30学科(注1)が集う総合大学。学部を超えた交流も盛んで、他学部・他学科の専門科目も学ぶことができます(一部学科除く)。

このような環境のもとで学生生活を送った中部大学生は、深い専門知識と広い視野をもった「あてになる人間」(注2)として社会に巣立ち、あらゆる分野で活躍しています。

(注1) 2014年4月、ロボット理工学科が加わり、7学部30学科になります。
(注2) 中部大学の建学の精神は「不言実行、あてになる人間」。

ページの先頭へ