• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

入試情報

心理学科のアドミッションポリシー

「アドミッションポリシー」は、入学を希望する皆さんに対して、どのような能力や資質を求めるかを示しています。

中部大学人文学部心理学科では、以下のアドミッションポリシーに基づいて入試を行ないます。

求める人物像

文系・理系分野を問わず、数学・英語・国語といった主要科目をはじめとした学習活動に真摯な態度で取り組んできた人。

また、「こころ」にまつわる問題について、自らが積極的に解明していこうとする意志のある人。

選抜の方針

AO(アドミッション・オフィス)試験

一定水準以上の学力を身に付けていると認められる人に対して課題を出し、次の点を評価します。 (1)心理学を学ぶことに対する目的意識が明確か、(2)他者と協同しながら積極的に問題を解決することができるか、(3)適切な論理的思考および文章表現やプレゼンテーションができるか、これらの点で優れた人を選抜します。

詳しいAO試験情報はこちら

推薦試験

高等学校長の推薦ならびに書類審査、小論文と面接を行います。学業成績や学業以外の活動で総合的に優れていると認められ、しかも心理学を学ぶことに対する目的意識が明確で意欲も高く、かつ心理学の修得に要求される論理的思考力と表現力を身に付けている人を選抜します。

詳しい推薦試験情報はこちら

一般入学試験

個別の筆記試験による「特別奨学生試験」「前期試験」「後期試験」および「大学入試センター試験利用試験」により総合的に評価し、心理学の知識および研究方法を円滑に修得できる基礎学力を身に付けている人を選抜します。

詳しい一般入学試験情報はこちら

特別選抜試験

海外帰国子女、外国人留学生、社会人が対象です。書類審査・小テスト・小論文および面接によって評価し、心理学科に対して明確な目的意識があり、かつ視野が広く柔軟な思考力を備えた人を選抜します

詳しい特別選抜試験情報はこちら

そのほか募集日程等の詳しい入試情報はこちら

ページの先頭へ