• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

授業・教育科目・資格

カリキュラムの特徴

バランスのとれた心理学を学ぶ

中部大学人文学部心理学科のカリキュラムは、現代の幅広い心理学を一通り学ぶことができるように設定されています。バランスのとれた心理学の知識を身につけ、社会で応用していける人材となるよう、教育を行います。

1年次から専門教育を

1年次から専門科目を学ぶことができます。また心理学で使われる統計学や基礎的な実験の授業で、心理学の基本的な考え方や基礎的な技術を身につけていきます。1年次から専門的な科目を履修することができるのが、最大の特徴です。

すべての学年で専門分野を

専門分野科目は、全学年で開講されます。心理学のすべての分野を同時並行的に学ぶことができ、各分野について基礎から応用まで幅広く学ぶことができます。専門分野を学んだ後は、卒業研究をまとめあげていきます。

スペシャリストからジェネラリストへ

まず心理学の各分野の知識を身につけた後、心理学概論や心理学史を学ぶことで各分野の知識を統合していく新しい学び方を提案します。心理学の諸分野の横のつながりや、各分野の背景にある歴史がより理解できると考えています。

人間理解のための技術を身につける

心理学を学ぶ上で、実験や観察、調査、面接、検査といった研究手法や、データ処理や統計の手法を身につけることは必要なことです。これらは人間を理解するために必要なものであり、社会での対人関係など職業に就いた後も必ず役立つ技術です。このような技術を習得できるカリキュラムを用意しています。

まとめる・発表する力の育成

多くの授業で、学生はレポートを書いたり授業内でプレゼンテーションを行ったりします。多くの情報から適切な情報を取捨選択し、そこから何が考えられるのか、そしてどのようにしたら他の人にそれを伝えることができるのかを、学ぶことができます。

資格

心理学科で取得可能な資格は以下の通りです。

  • 高等学校教諭1種免許状「公民」
  • 中学校教諭1種免許状「社会」
  • 認定心理士
  • 心理学検定 特1級 1級 2級
  • 学校心理士(本学大学院の国際人間学研究科心理学専攻に進学し所定の単位を取得することにより受験資格が得られます。)

就職・進学への対応

キャリア心理学という授業では、企業で活躍してこられた方の話を聞き、就職活動や就職後のシミュレーションをすることで、就職に対する意欲を高めることができます。またインターンシップ制度もあり、実際に会社を訪問し、仕事を体験することも可能です。大学のキャリアセンターも、就職を全面的にバックアップしてくれます。また進学を希望する学生には、本学大学院および他大学の大学院への進学もサポートします。

心理学科専門教育科目(例)

区分 1年 2年 3年 4年
心理学基礎科目 心理学実習A(実験法)
心理学実習B(質問紙法)
心理統計学A
心理統計学B
心理データ解析A
心理学実習C(検査法)
認知心理学実習
心理学概論A
心理学史
心理統計学C
心理データ解析B
心理データ解析C
心理学実習D(面接法)
心理学実習E(フィールドスタディ)
心理学概論B
 
心理学専門分野科目 認知心理系 実験心理学
認知心理学A
認知心理学B 認知心理学C
認知心理学D
 
教育・発達心理系 教育心理学A 教育心理学B
学校心理学A
発達心理学A
学校心理学B
発達心理学B
 
社会・文化心理系 パーソナリティ心理学
社会心理学A
社会心理学B
文化心理学A
社会心理学C
文化心理学B
 
臨床心理系 臨床心理学A
臨床心理学B
臨床心理学C
臨床心理学D
臨床心理学E
臨床心理学F
 
心理学特別講義科目 比較心理学特講A
比較心理学特講B
健康心理学A
心理学研究法特講
健康心理学B
キャリア心理学A
応用心理学特講
学校教育特講
現代と心
キャリア心理学B
 
演習科目 心理コンピュータリテラシー 心理学プレ演習A
心理学プレ演習B
心理学演習I
心理学演習II
 
関連科目 社会学
世界の中の日本(歴史)
行動科学A
行動科学B
現代社会と福祉
法学概論
政治学概論
表現と倫理
現代思想
地域と環境
日本地誌
技術の歴史
アジアの歴史A
ヨーロッパの歴史
地域と都市
哲学概論
経済学概論
女性の歴史
 
        卒業研究

ページの先頭へ