• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

就職・進学の支援と実績

進学

心理の専門職であるカウンセラーを目指す場合、大学院に進学して臨床心理士の資格を取得する必要があります。そのため、毎年一定数の先輩が臨床心理士の指定大学院に進学し、専門職に就くための勉強を続けています。また、ソーシャルワーカーを目指し、福祉・医療系の専門学校に進学する先輩もいます。

主な進学先

中部大学大学院

椙山女学園大学大学院

愛知学院大学大学院

人間環境大学大学院

本福祉大学中央専門学校

愛知教育大学大学院

京都教育大学大学院

日本福祉大学大学院

名古屋医専

 

九州大学大学院

鳴門教育大学大学院

仏教大学大学院

あいち福祉医療専門学校

 

就職

2014年度卒業生の就職内定率は、95.9%でした(2015年4月10日現在)。

心理学科を卒業した後は、一般企業に就職する先輩が多いです。業種は多岐にわたりますが、サービス(病院、福祉施設、協同組合、郵便局、学校、学習塾、美容、デザインなど)と、流通(スーパー、レストラン、衣服、自動車販売、家具、薬局など)が全体の3分の2を占め、その他は、メーカー(印刷、一般機器、金属製品など)、商社(機械器具、医薬、金属、建材など)、建設業(建築、設備工事、住宅など)、輸送(陸上、物流など)、金融(信用金庫、証券業、生命保険など)が目立ちます。また、県職員や市職員、警察官や消防職員など、公務員として働いている先輩もいます。

主な就職先(2014年度)

日本郵便株式会社

尾張中央農業協同組合

鈴鹿農業協同組合

豊川市民病院

社会福祉法人愛生福祉会

防衛省 陸上自衛隊

豊証券株式会社

ダイキャスト東和産業株式会社

大東建託株式会社

アサヒハウス工業株式会社

水谷建設株式会社

キムラユニティー株式会社

株式会社サカイ引越センター

株式会社マーキュリー

株式会社オンテック

株式会社中京医薬品

株式会社スギ薬局

株式会社バロー

株式会社ドン・キホーテ

株式会社メガネ流通センター

株式会社坪井花苑

株式会社ジェイプロジェクト

皓介

有限会社ハートマーケット

タジマ工業株式会社

株式会社マルエム商会

電子システム株式会社

川瀬電池株式会社

八木鋼材株式会社

 

株式会社コーセー

株式会社キタガワ工芸

帝国チャック株式会社

飯島製本株式会社

株式会社セイシンメタル工業

中京化学株式会社

株式会社伊藤精密製作所

株式会社タートル

学校法人香川学園

株式会社アイ・ディー・エー

株式会社エージーフラワー

長良通商株式会社

株式会社イマージュ・レイシア

株式会社セドナエンタープライズ

 

中部大学独自のキャリア形成支援・就職サポートプログラム

みなさんの多くは、大学を卒業した後、どこかの企業に就職し、社会人として生活していくことを希望しているのではないかと思います。しかし、大学に進学すれば、自動的に就職先が決まるわけではありません。みなさん自身が主役となって、「就職活動」を行う必要があります。 就職活動は、通常、自分の性格にあった業種や職種について考え、就職したい企業をリストアップするところからはじめます。そして、目指す企業が決まったら、自分で履歴書を書いて、その企業に応募します。しかし、応募したらそのまま採用してもらえる訳ではなく、書類選考、筆記試験、面接などの選抜を受けることになります。そして、不採用になった場合、また別の企業を探して、新しく応募しなおさなければなりません。そのため、ぼんやりしていると、自分だけ就職先が決まらないまま、卒業式を迎えてしまうという結果にもなりかねません。企業の採用活動は、大学3年生の3月から本格化しますので、そこまでに就職活動に必要な準備をしっかり終わらせておくことが重要です。 そこで、中部大学のキャリア支援課では、中部大学に進学するみなさんのために「キャリア形成支援・就職サポートプログラム」を用意しました。これは、中部大学の文系3学部(人文学部、経営情報学部、国際関係学部)の学生のみが受けることのできる特別支援プログラムであり、大学2年生の4月にスタートします。このプログラムに参加することで、「文系の学生が就職活動を行う前に最低限身につけなければならないこと」を効率的に学ぶことができ、自信をもって就職活動に取り組むことができます。また、就職活動について悩んでいることがあれば、キャリア支援課の職員のみなさんがいつでも相談に乗ってくれます。

中部大学キャリア支援の詳細はこちら   

心理学科独自の就職支援

中部大学の心理学科には、「キャリア発達」を専門に研究している先生がいます。そこで心理学科では、キャリア支援課が実施する「キャリア形成支援・就職サポートプログラム」に加えて、心理学の最新の知見に基づく独自の就職支援を実施しています。この独自の支援を開始した2013年度より心理学科の就職率が90%を超えるなど、現在に至るまで大きな成果をあげています。これまでに行ってきた主な支援活動を以下に紹介します。

1.就活スタートダッシュ講座

就職活動は、企業の採用活動が最も活発化している時期に集中的に行うことが重要です。そこで、企業の採用活動が本格化する時期に合わせて、「中部大学の心理学科の学生であることの利点」を就職活動で活かす方法を学ぶ体験型の就活支援講座を行っています。2015年3月に行われた本講座には心理学科の就職希望者の80%以上が参加し、パソコンで自分が受けたい企業の情報を個別に調べながら、自分の魅力が伝わる効果的なアピール方法を講師の先生と一緒に考えました。

講座の詳しい内容と先輩たちの感想はこちら

2.個別キャリア相談会

就職活動を実際に始めてみると、思ってもみなかった障害にぶつかり、どうしたらよいのかわからなくなってしまうことがよくあります。中部大学の心理学科では、そのようなとき、就職活動中の悩みをプロのキャリア・カウンセラーの先生に1対1でじっくり相談できる支援プログラムを用意しています。相談は1人あたり1時間の予約制ですので、就職活動の悩みについて周りの目を気にせず自由に話すことができます。就職活動に疲れて何をしたらよいのかわからなくなってしまっている人や、なかなか内定がでずに苦しんでいる人が参加し、1人1人の現状にあったオーダーメイドのアドバイスを貰いながら、新たな気持ちで就職活動に取り組んでいます。

ページの先頭へ