大学院国際人間学研究科 心理学専攻

はじめに

2004年4月、中部大学大学院として新たに国際人間学研究科(博士前期課程および博士後期課程)が誕生しました。国際関係学専攻、言語文化専攻、歴史学・地理学専攻、そして、心理学専攻の4つの専攻で構成されています。

博士前期課程では、心理学の様々な領域の高度な研究能力、専門性を養うカリキュラム・プログラムを提供します。その中には「学校心理士」資格関連の「学校心理学教育プログラム」も含まれています。このプログラムは、教育心理学の各領域の専門知識を修得できるもので、「学校心理士」を目指す学部からの進学者と、学校心理学に関する資格取得を目指す教職にある社会人、子どもの福祉関係の職業に携わる社会人の方を対象にしたプログラムです。

博士後期課程では、よりいっそう高度な研究能力、専門性を養うために、現代心理学における最先端分野を追求する4つの専門研究演習を必修領域として配置しています。

ページの先頭へ